So-net無料ブログ作成

斉藤さんと松江と美味しいもの [河]

2018-06-05T09:02:47.jpg2018-06-05T09:02:47.jpg

もはや忖度すら、ただの名詞で意味のないコトバのように思えてくる呆れた方達がおられますが…(納税先を選んでしたいわ(=_=))

つい先日、ぴゅっと松江へ行ってきました→斉藤さんのコンサート(楽しくてかっこよかった♡)と併せて少し観光♪ 名古屋からは小牧空港からすぐ行けるので実は結構早く行けます(ありがたい)→ 松江は2回目、以前は慌ただしく通り抜けた感じだったのでわりとじっくりまわれました

国宝松江城は多分、国宝の城のなかでも一番ゆったり見れたかも…もったいないくらい人の往来がゆるやかで見る側としてはよいのですけども

ただ周りの道路が渋滞緩和のためか一方通行なため、観光バスも先に進むしかないので、来た道を戻るために結構歩くはめに…おかげで城まわりがやや詳しくなりました(。-_-。) そして、出雲そば!蕎麦『湯』好きには釜揚げがオススメですが、少し変わっているのでご興味のある方は出雲そばで検索(誰?)美味しかったです

あと、全然知らなかったのですが、松江には日本三大船神事のひとつの、ホーランエンヤというお祭りがあり、開催は10年Or12年に一度で、直近は何と来年開催されるそうです

ホーランエンヤ…なんだか宗教?健康食品?いえいえ違います!!5地域から船を出して神事を行うのですけど、世の中には地域の知られていないことってたくさんありますよね~…ちょっと感動しました☆

あとは、不昧公没後200年祭で通年?イベントがあるようで、そこかしこの和菓子屋さんで色々なお店の和菓子も買えました(本当はお抹茶とお菓子とを堪能したかったけど残念ながら出来ずじまい→和菓子はいくつも買いました♡梅入りのがお気に入りです)

宍道湖にはホテルで自転車を借りて馳せ参じましたが、湖畔はしじみの貝殻が沢山なものの、なかなか景観は綺麗でした(朝ごはんで食べた味噌汁の具だったしじみはぷりっとして美味しかったです♡)

短い旅を堪能しつつも、結構都会だけど人があまりいなくて未来の年表の世界を感じてしまう河なのでした


共通テーマ:moblog

今更ながらの落語 [河]

あの浮世離れした発言や感覚は、結局は選挙の投票率の低さとリンクしてるんぢゃないかと疑っている今日この頃...

さてさて今更ながらなのですが、プロの方の生★落語、結構みなさん聴きに行ったりするのでしょうか?

私はそもそも学生時代に落研(おちけん:落語研究会)のつまらない落語を聴かされたせいか、ずっと落語について興味がありませんでした(落研に罪はないのよ、きっと)

しかし漫画・ドラマで落語を題材にしたものをみているうちに、『気になる…』『しかし何から手を付ければいいかわからない…』という期間が長らくあったものの、たまたま周りに落語好きがいることが判明、お誘い頂きついに!生でプロの噺家さんを聴く機会に恵まれ、行ってきました

柳家三三さんの独演会だったのですが、Eテレで放送されていた「落語ザ●ービー」ばりに想像力が働く素晴らしい独演会でした…(筍が特にお気に入りの演目でした:たけかんむりに旬なのですよ、タケノコ♡)

「落語ザ●ービー」でいつもいう「究極の話芸、落語」が、やぁ~本当だぁ~♡おもちろいではないか♡

生で見たいけど、CDショップで売っているような名人芸CD集も聴いてみたいと思っているのですが、どなたか全集みたいなものを持っていて貸して頂けないかな…


あまざけ [河]

週末から寒いですね(^^;)花冷えというより寒の戻りですね…そして桜通りはすっかりサトザクラがたわわに例年通り咲いております(^^♪

前回のブログでインフルエンザにかかったことを少し書いていたのですが、その時にたまたま当時の大家さんにお会いした時に話していたら、なんとイチゴとあまざけの差し入れが!!(ノД`)・゜・。おぉ、なんと良い方なのだ!

でも実は、あまざけ殆ど飲んだことがない…甘いんでしょ?的な?

しかも、引っ越しのドタバタであまざけさんのことをすっかりナイガシロにしてしまい、気づいたときは二週間ほど経過…あ!要冷蔵だったのに!…( 一一)しまった…

かといって捨てる勇気はもちろんなく、ふたを開けたら大丈夫そうなので、さてどうしようか?と容器を見ると卵焼きに混ぜるレシピが載っており、早速利用…美味しい~♡

その後、あまざけヨーグルトなるものを店先で見たので早速家でプレーンヨーグルトと1:1位で混ぜてみる…美味しい~♡

酒粕があるので、あまざけをそろそろ自前で作ってみようかと思案中です(砂糖が黒砂糖しかないけどいいかな?)

ちなみに大家さんは渡してくださるときに、あまざけは飲む点滴ヨ、と仰っていたようです(夫が受け取っていたので伝言で聞いた)

やっぱり発酵食品って最高♡な河

犬も人も戸惑う [河]

もはや忖度という漢字がヨミガナのみならず、書き取りでも書けるんぢゃないかと思ってしまう今日この頃…

松さんのマラソン、こちらも週末は気になり何となく落ち着かない心持ちでしたが、完走良かったですね♡

さてさて、お題の話は、道に迷った話ではありません

まったくのワタクシゴトですが、つい先日、自宅を引越しました

といっても、すぐ近所なので余裕綽々だわ~と思っていたんです、1月までは…

あぁ、とんでもない(ノД`)・゜・。

荷物を整理しようにも、まあ出てくる荷物ガラクタ荷物ガラクタ……(=_=)(=_=)

物が多いとは思っていたけど予想以上…しかも2月に入り、なんと私ぎっくり腰もどきになり、あれ?治った?と思ったら風邪を引き、おかしい?!と思っていたら実はインフルエンザもだったという、なんとも自己管理の悪さと何となくの不運でひどいドタバタ…

今はさすがにようやく生活としては少し落ち着きましたが(部屋は片付いていない←なぜか胸を張って言っている)、ワンコ(犬)も人間も、ありがちですが新しい生活に戸惑うばかり

しかし結局、ワンコ(犬)は一番肝が据わっているのか、先週あたりから既に落ち着いている…すごいぞ、ワンコ(犬)

以前は一軒家だったのですが今度は集合住宅へ引っ越ししたので、ご近所付き合いも気になるところですが、暖かくなってくるので、色々と楽しめるといいな~と思います

物の多さに、自分より長生きするか物を捨てるか選べと夫(オット)に迫られた河

梅干し [河]

日なたに行くと少し陽気が良くなってきたようにも感じますが、まだまだ寒い日が続くという天気予報…早く暖かくなって欲しいものです

松さんのロウバイはてっきり梅そのもののことかと思ったら、また別の種類なんですね~知らなかった~(知るは一時の恥としておこう…)二月に梅が咲いているのを見かけると、春がくる♪と感じます(早く来て頂戴)

梅と言えば、梅干し、みなさまは好みの分かれるものかしら??と思いますが…私は梅干しが好きで、色々と買ってみたけど…はちみつ入りの甘いのよりは、塩と紫蘇味のスタンダードなものがすきです♡

ついでにいえば、おにぎりに入っている梅干しと、業務用の梅干しもこよなくすきです

実はオット(夫)の母のお姉さん、いわゆるおばに当たる方が梅干し作りの名人で、体調を崩されてからは作っておられず、昔頂いたものを後生大事にチマチマ食べています(自分の中で極上品♡)

ご本人に弟子入りを直談判★志願したものの、軽ーくかわされ?結局はオット(夫)の母が作ったものをありがたくいただいておりますが…姉妹でも、味が違うように仕上がるのですね~

梅干し作りはジップ〇ックでも出来るようなので、私も今年こそ挑戦してみようと思います


名古屋の百貨店 [河]

ふたたび寒波が迫ってきております…体調管理に勤しみます、ハイ

さて名古屋には、いわゆる4Mと呼ばれる四つの代表的な百貨店(デパート)がありしのぎを削っておりますが、その中の一つの丸栄百貨店が閉店というニュースが少し前に出ていました

それぞれイメージはあると思いますが、私は個人的には丸栄の地下食品売り場が好きで、たまに行きます

そしてこれはテレビの受け売りなのですが、建物一階外壁の黒い大理石が大変貴重なものらしく、壊してしまうなんで、あぁもったいない…と思うのですが(といっても我が家には不要だけど)、どうするんだろう…

新しいものも魅力的だけど、長い年月をかけて紡いでいくというか、代々使っていくものも、やっぱり素敵ですね…名もなきような古い建物でも、みてみるとガラスや建具、戸口の高さ等々それぞれに歴史を感じて(萌え~☆)たまらないんですけども~…

色々と事情はあるでしょう…あ、明治村では駄目か、昭和村?とか、要らないかなぁ…無理か

意見は言うがお金はない河

メリークリスマス☆ [河]

2017-12-25T08:50:05.jpg

我が家のワンコ(犬)からもメリークリスマス!

あれよあれよで年内も最後の一週間ですね

松さんシャープペン…高い…びっくり… 趣味の世界ですものね、一度使用してみたいものです

師走の忙しい合間にいくつか観たり聴いたりしました

どれも印象深いのだけれど、しいて挙げるならば…京都に巡業していた『ガラスの仮面展』

母が筋金入りのファンのため、二つ返事で行くことになったのですが、タイミングがよくてじっくり観れました

そして、久しぶりに全巻読みたくなる…やっぱ面白い…

もう一つは、ピアニスト上原ひろみさんとタップダンサー熊谷和徳さんのコンサート♪

生のタップダンスは生まれて初めて観ましたが、上原さんが仰っていたように、いったいどんだけ色々なリズムや音がその足元で奏でられるの?!という超人技…いやしかし、上原さんも本当に一人で弾いているの?と思う超人技ですけどね…

上原さんの演奏を見るたびに、のだめちゃんを思い浮かべるのは私だけでしょうか

さてさて、今年もお世話になりありがとうございました

みなさま良いお年をお迎えくださいませ~



共通テーマ:moblog

南極観測船ふじ [河]

2017-11-27T12:24:09.jpg2017-11-27T12:24:09.jpg2017-11-27T12:24:09.jpg2017-11-27T12:24:09.jpg

今週半ばは暖かいようです、気温変化による体調管理に注意が必要です

つい先日、南極観測船ふじのイベントへ行ってきました(甲板での天体観測とセットで11回目だそうですが、私は初参加でした)

そもそもご存知ない方もいらっしゃると思いますが、毎年南極へ向け越冬隊や物資を運んでいる船の二代目が、ふじです(現役引退後、縁があって名古屋港に展示されていて、有料ですが博物館として一般公開しています)

個人的には好きなので、数年に一度は行きたくなり人を誘いますが、なかなかお供、賛同得られず寂しい思いをします…ちなみに青函連絡船も、現役を退いたものを見学したことがあります…多分、乗り物は全般好きなのです…

写真は左から、ふじの外観、もやし製造機・もやしっこ、先日『理容遺産』になった理容室、初代南極観測船の宗谷で使っていた雪上車(初代なので№1)です

イベントではお弁当も出たのですが、煮びたしにもやしとカイワレ大根も入っていました

船内は生野菜が不足するため、もやしやカイワレ大根は船内で栽培して食卓へ並ぶようですよ

また船内は火事を防ぐため実はオール電化だそうで、オール電化で調理する食事は贅沢してもよいということで食材は結構いいものを使うそうです(食くらいは贅沢してもよいということらしいです)

ちなみに南極は隕石が多いようで、それも気になります★

また、南極観測船の乗組員は230名ほどで、50名程が研究目的等、残りはそれらの人たちを運ぶための人員で海上自衛隊員だそうです

まだまだ知らないことはありそうですので、また通いたくなりました♡

久慈の地酒のことを書こうとしたら、オット(夫)に地元のこと書けば?と諫められた河


共通テーマ:moblog

久地と久慈 [河]

2017-11-02T12:29:08.jpg2017-11-02T12:29:08.jpg2017-11-02T12:29:08.jpg2017-11-02T12:29:08.jpg

朝晩すっかり寒くなりましたね

実は先日、念願の岩手県久慈市へ行きました

行きは何故だか電車で行くべしと思い込み(結果的には実は結構よかったけど)JR窓口に行ったときに、クジハドチラノクジカネ?と訊かれたので、あぁそうなのね、慈しむ方だけではないのね、物を知らないものでお恥ずかしい

初めての久慈は思ったよりも都会で広く、思ったよりも人が少なかったのは印象深かったです(タクシーの運転手さんが、黒川紀章さん設計の建物について随分色々話していたけれど)

飲食店では宿のことを訊かれたのですが、どうやら業者さんがホテルを結構押さえていてなかなか取れないとのことです(復興支援の業者さんがたくさん入っているのですね…青森からが多いのかしら??私は実はかなり前に行くことを決めていたので、苦労なく宿は確保できたのですが)

確かに翌日の朝ご飯を食べた時は、明らかに業者さんと思しき方ばかりでした

北リアス線にも乗り、偶然、女性運転士初運転の電車と宮古の手前ですれ違ったのですが、帰宅後にそのことが新聞に載ってて驚きました

NHKの朝ドラ『あ〇ちゃん』オープニングに出てきていた灯台が右から二枚目の写真ですが、よく走っていたものだ… 狭い…のんちゃんは、お祭りのたびに久慈へ再訪されているそうです

海女さんの活動が活発なときに是非もう一度、行こうと思っています



共通テーマ:moblog

歴史のカケラ [河]

三連休は、色々なところで秋のお祭りやイベントがあるようですね

我が家は近くの大きな公園に行きワンコ〔犬〕とともに遊んだりしました


まもなく公示でなかなか騒がしくなっていますが、風見鶏に振り回されず、政治生命を賭けと勇ましくのたまったこと←一体何についてだったのか?について一生懸命思い出し、一人ひとりについてを見極めなければなりませんね、大人の試験ですよ、これは


さてさて、先日旅に出た際に熊本にも寄りましたが、叔母〔わたくし間違えておりましたが、伯母でなぐ叔母でした、失礼しました〕の夫である叔父はもともとは沖縄出身で、子どもの時に家族で熊本へ移住したと以前聴いた覚えがあり、あれれ?時代的に、、、と思っていたので、改めて聴いてみました

叔父は来年?に70歳になる位のはず、そうなんです、まだ沖縄が日本へ返還されていない頃に、移住しています

私が子どもの頃も、一度きりのパスポートがありましたが〔今はありませんね〕、移住当時のパスポート、なんと見せてくれました

英文ページ、和訳ページ「日本へ帰国の為にのみ発行するものである」の文字、一家の写真ページ〔一家三人分のパスポートなのです〕、、、

文字や写真は経年変化が見られましたが、シミ一つなく綺麗なままで大事に大事に取ってあったのだろうな、ということがわかります

感じ入ってしまい写真は撮れませんでしたが、間違いなく歴史のカケラだと思いました

まだ何だかもやもやしたまま、でもやはり自分は何も知らないと思う河なのでした